■プロフィール

かぼす

Author:かぼす
ニコニコ生放送で地味ーに配信しています。

基本的にはニコ生視聴者さんとの追加的な会話の場と考えています。

が、もし、万が一、本ブログきっかけでニコ生に訪問頂けるようなことがあったらめっちゃ嬉しいです^^

■コミュニティリンク

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■ブロとも一覧

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
戦略的転戦・・・ですねぇー
さて、お知らせにはすでに書きましたが、
MHF専門でやっていたコミュニティは解散しまする(´;ω;`)

理由はいろいろあります。
楽屋ののりでこのブログはやっているので正直に書きますると
(愚痴っぽくなったらごめんなさい><)

・時間的な制約
・ログイン率の低さ
・他のゲームとの兼ね合い
・・・・根性

なんてところが主な理由ですね(´・ω・`)

あっ、いま思ったのですが、2行目の泣き顔文字としょぼん顔文字って
点かセミコロンかの違いなのですねぇー・・・・・・。
完全な脱線すみません><

話をもとにもどすと、結局時間に起因するところが大きいのですが、
捻出できるとおもって当初コミュ設立したのですが、
なかなか自由になる時間がなかったというかんじですね。


ずさんな絵を描いて、実行できなかったので大
人しく撤退というどこにでもあるお話です。
今週末までに一回ご挨拶して(誰も来なくてもまぁ、それはおいといて)
閉鎖という運びを想定しています。

ちなみにもう一つのコミュも意趣がえしようかと思っているかもです。
いずれにせよそのような状況になった場合は前もってご報告しますねー。

では今日もお疲れ様でした~ノシ


スポンサーサイト
生放送 | 22:11:06 | トラックバック(1) | コメント(2)
ニコ生で放送するまでにお世話になったリンクまとめ
えっと、少し前にニコ生での放送環境やらを紹介していました^-^。
そして、最後に放送するまでに沢山お世話になったサイトを紹介するといって・・・・
その後忘れていました。。。><;;;;


ということでいくつか書いてみようと思います。
初心者向け!ニコ生のやり方解説サイト
正直、何らかの問題にぶち当たらなければこのサイトで放送までいけるようなサイトだと思います。
内容も簡潔でわかりやすいですね~^^

ゲーム実況wiki
とある事情で実況投稿もやりたくなって参考にしたのがこのサイトでした。
で、よくよくみると生放送関連も大変わかりやすいサイトだときづきました^^;;;
てか、wikiって何をやるにしてもすごい参考になりますよねぇー
機材とかはここが本当に参考になるかもb

水おいしいです^o^
音響関連で行き詰ったり、もう少し知りたくなったらここがお勧めです。
OSの違いによっての解説もあって助かりました。
わたしもステミキ問題はここで解決できましたーb

あたまにきたどっとこむ
『水おいしいです』と同様に音響関連を扱っているサイトです。相互に見るとより理解が深められるという位置づけで利用していました。

他にもグーグルで特定の単語を入れて色んなブログにお世話になった気がします。
基本、何かに詰まったらその機材とポップアップされたアラート文言を検索にかければ
対応策がでてきますので^^

にしても便利な世の中になりましたね~。
なんて思う限りです。

ということでこれでニコ生デビューまでの道のりは終了ですね。
無事、終了できてよかったです(*´∀`*)


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

ニコ生デビューへ | 23:27:50 | トラックバック(1) | コメント(0)
本の紹介『デパートへ行こう!(真保裕一)』
ニコ生から離れてしばらくがたちますねぇー(-_-;)
あっ、1週間以上がたっているじゃないか・・・。

まっ、それはおいといて、、今日ご紹介する本は
真保裕一さんの『デパートへ行こう!』です。

デパートへ行こう! (100周年書き下ろし)デパートへ行こう! (100周年書き下ろし)
(2009/08/26)
真保 裕一

商品詳細を見る


(ストーリー)
経営が芳しくなく合併話が持ち上がる老舗の鈴膳デパート。
鈴膳デパートの創業100周年祭がおこなわれていた営業時間後に事件は起こった。

とあるものは過去の思い出を心に秘め、デパートを訪れた。
そして、とあるものはそのデパートの関係者だった。
色んな思いが交差してその日は特別な日になりそうだった。


と、感動的な雰囲気になりそうですねーーーーー^^;;;;
あれ、こんな雰囲気じゃない気がしてきたw
ということでジャンルはシチュエーションコメディです。

色んなブログにもすでに書かれていますが、
まるで三谷幸喜作品みたいです。
特に題材的なところで「有頂天ホテル」といわれていますが、
まっ、そんな感じかもです^^

個人的には気軽に読めましたー。
えっと、正直に言うとブックオフで105円で買ったので・・。
105円だったら十分にもとはとれています(๑◕ˇڡˇ◕๑)てへぺろ★

著者は有名な『ホワイトアウト』や『アマルフィ』を書かれていた方ですよね。
個人的にサスペンスやミステリよりも企業小説や日常を描いた小説のほうが好きなのでいいきっかけになった気がします。
ということで今後、著者の作品ものんびり読んでいきたいですね^-^

さて、小説の中にでてきたデパート鈴膳は伊住屋と合併するとかなんとか。。。
そしてデパート内に劇場をもっています。

もちろん鈴膳は架空のデパートですが、実際に似たようなデパートがありますよねw

実際には伊勢丹と合併した三越ですねぇー。
伝統があり、格式高い三越、昔は憧れだったといわれます。
そういえば、数年前デパート業界が再編される際に色んな特集がやっていたことを思い出しました。

通常、合併というといずれかのブランドのみを残してもう一つは幕を閉じる形をとりますが、
デパート業界ってその屋号にお客様がついているんでしょうね。
そう考えると本当に難しい業界なんだなぁと思うばかりです。

ということでいろんなことを想像させるとても良い小説でしたb



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

| 06:49:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
本の紹介『ジェノサイド(高野和明)』
今週は感想を書いてなかった本を勝手に連続でご紹介したいと思いますw!
みなさんの参考になれば・・・なんて厚かましいことは言いませんw
それよりもメモっておかないと本当に二冊目を買いかねないので・・・(情けない(´-`)トホホ)

ということでその第一弾は高野和明氏の『ジェノサイド』
ジェノサイドジェノサイド
(2011/03/30)
高野 和明

商品詳細を見る

(ストーリー)
ウィルス学を専門としていた父の死後5日以上たってから創薬化学を専攻する大学院生の息子研人に
不審なメールが届いた。とある研究を誰にも言わずに引き継いでほしいと。
そのメールを元に調査を始める研人の周りに現れる不審者たち。
果たして父親が研究していたものとは・・・・。
一方、アメリカ政府はアフリカでとある極秘プロジェクトを進めていた。
果たしてこのプロジェクトはどのようなものなのか。
そして研人の研究との関係は・・・。



どこの書評ページや感想ページを訪れても
本当に良い評判しか書かれてない気がします(*´∀`*)

私もそれに追随するしかないと思えるほど、
力強く本当に面白い本でした~♪

途中、少し政治的な意見や個人的な意見と思える部分や
最後のほうのとあるものに関する扱いは
あまり好きではなかったのですが(๑◕ˇڡˇ◕๑)
全体のストーリーは近年に稀に見るくらい引き込まれてしまいました。

正直に言うと、日本の小説はこのようなジャンルは不得手としているのかなと
思っていたのですが、本作品をきっかけに他の本も読んでみたいなと思わせるほどです。

ちなみに特設サイトがありますので興味がある方は
アマゾンと一緒に覗いてみると雰囲気がわかるかもですよb


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

| 05:47:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
見出しやタイトルって重要ですよね(´;ω;`)
以前ワシントンポストが書いた記事を時事通信社の翻訳時点で
意図的にキャッチーな見出しにして再度記事化していていましたよねぇ。。

今回も少しその要素がある記事があって
気になったので備忘録的にメモしてみました。

気になる記事の見出しは「スカイマーク:「機内の苦情は消費生活センターへ」」というもの。

見出しを見ると、「おいおい、スカイマークさん、本気ですか!?」と思っちゃいますよね。
だって、消費生活センターは行政サービスであって、一会社がその会社のお客様相談室的な
扱いをしていいわけないですからw

といいつつも割り切ったことをやるじゃないかと、期待して記事を読み始めると…・・・・・。。
\(^o^)/

スカイマークの座席ポケットに入っている案内には
「ご不満のあるお客様は
『スカイマークお客様相談センター』
あるいは『消費者生活センター』等

連絡されるようお願いいたします。」と書かれているとのこと・・・。

あれ?タイトルにない文章が・・・。
意外と普通な文言ではないですか(*´∀`*;;)
ちなみにこの文章に突っ込みどころがないわけではないのです。

たとえば、『あるいは』という言葉で併記して良い機関ではないでしょうw
他にも、『等』って他にどこに連絡するのですか?とか。。。

この文章を作成した人の意図は知りませんが、なかなか斬新だと思います。
だからといって見出しの記事に直結するんですか、、、っとも思っちゃいます。。

ちなみにスカイマークのウェブサイトに行くと(2012.6.5)、クレーム受け付けをしている
電話窓口はないみたいですね。搭乗された方はお客様相談センターへのアクセスが
できる(?)のかもしれませんが、搭乗前の場合は

①お問い合わせ窓口(本来は予約のためのもの)
②メールでの意見
③意図的に代表電話等に電話

本気のクレーマーだったら真っ先に①なんだろうなぁ・・・。



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

気になった~ | 23:05:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。