FC2ブログ
 
■プロフィール

かぼす

Author:かぼす
ニコニコ生放送で地味ーに配信しています。

基本的にはニコ生視聴者さんとの追加的な会話の場と考えています。

が、もし、万が一、本ブログきっかけでニコ生に訪問頂けるようなことがあったらめっちゃ嬉しいです^^

■コミュニティリンク

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■ブロとも一覧

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本の紹介『デパートへ行こう!(真保裕一)』
ニコ生から離れてしばらくがたちますねぇー(-_-;)
あっ、1週間以上がたっているじゃないか・・・。

まっ、それはおいといて、、今日ご紹介する本は
真保裕一さんの『デパートへ行こう!』です。

デパートへ行こう! (100周年書き下ろし)デパートへ行こう! (100周年書き下ろし)
(2009/08/26)
真保 裕一

商品詳細を見る


(ストーリー)
経営が芳しくなく合併話が持ち上がる老舗の鈴膳デパート。
鈴膳デパートの創業100周年祭がおこなわれていた営業時間後に事件は起こった。

とあるものは過去の思い出を心に秘め、デパートを訪れた。
そして、とあるものはそのデパートの関係者だった。
色んな思いが交差してその日は特別な日になりそうだった。


と、感動的な雰囲気になりそうですねーーーーー^^;;;;
あれ、こんな雰囲気じゃない気がしてきたw
ということでジャンルはシチュエーションコメディです。

色んなブログにもすでに書かれていますが、
まるで三谷幸喜作品みたいです。
特に題材的なところで「有頂天ホテル」といわれていますが、
まっ、そんな感じかもです^^

個人的には気軽に読めましたー。
えっと、正直に言うとブックオフで105円で買ったので・・。
105円だったら十分にもとはとれています(๑◕ˇڡˇ◕๑)てへぺろ★

著者は有名な『ホワイトアウト』や『アマルフィ』を書かれていた方ですよね。
個人的にサスペンスやミステリよりも企業小説や日常を描いた小説のほうが好きなのでいいきっかけになった気がします。
ということで今後、著者の作品ものんびり読んでいきたいですね^-^

さて、小説の中にでてきたデパート鈴膳は伊住屋と合併するとかなんとか。。。
そしてデパート内に劇場をもっています。

もちろん鈴膳は架空のデパートですが、実際に似たようなデパートがありますよねw

実際には伊勢丹と合併した三越ですねぇー。
伝統があり、格式高い三越、昔は憧れだったといわれます。
そういえば、数年前デパート業界が再編される際に色んな特集がやっていたことを思い出しました。

通常、合併というといずれかのブランドのみを残してもう一つは幕を閉じる形をとりますが、
デパート業界ってその屋号にお客様がついているんでしょうね。
そう考えると本当に難しい業界なんだなぁと思うばかりです。

ということでいろんなことを想像させるとても良い小説でしたb



スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

| 06:49:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
本の紹介『ジェノサイド(高野和明)』
今週は感想を書いてなかった本を勝手に連続でご紹介したいと思いますw!
みなさんの参考になれば・・・なんて厚かましいことは言いませんw
それよりもメモっておかないと本当に二冊目を買いかねないので・・・(情けない(´-`)トホホ)

ということでその第一弾は高野和明氏の『ジェノサイド』
ジェノサイドジェノサイド
(2011/03/30)
高野 和明

商品詳細を見る

(ストーリー)
ウィルス学を専門としていた父の死後5日以上たってから創薬化学を専攻する大学院生の息子研人に
不審なメールが届いた。とある研究を誰にも言わずに引き継いでほしいと。
そのメールを元に調査を始める研人の周りに現れる不審者たち。
果たして父親が研究していたものとは・・・・。
一方、アメリカ政府はアフリカでとある極秘プロジェクトを進めていた。
果たしてこのプロジェクトはどのようなものなのか。
そして研人の研究との関係は・・・。



どこの書評ページや感想ページを訪れても
本当に良い評判しか書かれてない気がします(*´∀`*)

私もそれに追随するしかないと思えるほど、
力強く本当に面白い本でした~♪

途中、少し政治的な意見や個人的な意見と思える部分や
最後のほうのとあるものに関する扱いは
あまり好きではなかったのですが(๑◕ˇڡˇ◕๑)
全体のストーリーは近年に稀に見るくらい引き込まれてしまいました。

正直に言うと、日本の小説はこのようなジャンルは不得手としているのかなと
思っていたのですが、本作品をきっかけに他の本も読んでみたいなと思わせるほどです。

ちなみに特設サイトがありますので興味がある方は
アマゾンと一緒に覗いてみると雰囲気がわかるかもですよb


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

| 05:47:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
本紹介『阪急電車(有川浩)』
こんばんはー!
今日は本を紹介したいと思います。

前回、春っぽい本を紹介したいといった気が。。。
あれ、曲だったっけ(^^;ゞ

いずれにせよ、個人的には春の陽気さにぴったりな本だと思います。
イメージはぽかぽか陽気の電車の中(まんまですが)や、桜から少し離れたベンチで花をみながらという
シチュエーションがお勧めです^^

ということで改めて有川浩さんの『阪急電車』です!

阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
有川 浩

商品詳細を見る


(ストーリー)
片道15分の阪急電車。そこに乗り合わせてくる人それぞれにストーリーがある。
そして乗り合わせた人たちが偶然にも触れあったそのとき、ストーリーはさらに
思わぬ方向へ動き出す。

結構べたですよ(*´∀`*)
たまにはそういうドストレートもいいかなぁとおもっちゃうのです。
この本では出会いや別れ、何かを始める瞬間、やめる瞬間に
出会えるのですが、それがなんとも気持ちよくて本当にわくわくしてしまいます><
春という季節にぴったりな本だと思いますよー。


あっ、ちなみに画像を掲載したいためにアマゾンのリンクはっていますが、
アフィリエイト契約等を結んでいないので、買う際は最安値で買うといいと思いますよw
ブックオフに行けば今回紹介した本は100円で手に入るはずですし^^

みなさんもこれはと思う本がありましたら教えてくださいね!!
本はどのジャンルでも好きですので。

それでは今日のこの辺でノシ

テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌

| 22:45:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
本紹介「ドS刑事~風が吹けば桶屋が儲かる事件(七尾与史)」
感想は読書後なるべく時間を経ずに書きたいものですよね^^;;
ということで3日前に読了した本について・・・・(微妙な時間経過ですが・・・)。

今回ご紹介するのは『死亡フラグが立ちました!』でお馴染み(!?)の七尾与史さんの作品です。
死亡フラグはニコ生の市場でよく見ますが、以外と読んでいる方は少ないんじゃないでしょうか?
この人の作品は読みやすいので普段あまり本を読まない方にもお勧めです。

タイトルからして色もの的に思われがちですが、、、
死亡フラグについてはタイトル通り中身も衝撃的な作品でした。
今回ご紹介する『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』
そんな展開になるのかなぁとおもったら、思いのほか本格的なミステリーだったので驚きました><。
ということで早速中身を紹介!

(ストーリー)
舞台は静岡県浜松市。浜松中部署に勤める代官山刑事が主人公。
ある日、元やくざとその恋人が焼死体として発見された。
事件を担当することになった代官山が組むことになったのは
県警本部からやってきた若くて美人な黒井マヤだった。
理想的なパートナーに巡り合ったかと思いきやこの刑事、一癖も二癖もあった。
事件が次々と起こっていく中、代官山は黒井の驚くべき真実を知ることに。
はたしてその事実とは、そして事件の真相やいかに。。。

怪しげなBGMが流れる感じで~^^♪

ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件
(2011/08/04)
七尾 与史

商品詳細を見る


読み進めていくうちに伏線がきれいに回収されていくさまや
タイトルが分かっていくところは圧巻です。

そして何よりも小説を飽きさせないように工夫された
細かい会話はくすりと笑うものばかりなのでぜひ一読を^^

次回は少し春っぽい小説を進められたらなぁと思います。
桜の下で本を読むのもいいもんですよね~。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

| 05:53:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
本紹介「県庁おもてなし課(有川浩)」
今日は放送する予定ないのですが、
日記的な位置づけで始めたブログなので
こういうのもお許しくださいねー。

といっても少しだけニコ生に関係しますが。
以前、放送内で紹介した本について
改めてブログ内でも紹介したいと思います。

こういうのは今後も紹介していきたいと思います^^
二、ニーズがなくても><;;;;
だってメモしないと忘れて同じ話題を放送内で話しそうなので。

ということで第1回は有川浩さんの『県庁おもてなし課』♪
この方の本は結構読んでて、その中でもこの本は好きです。

ストーリーは高知県庁観光部おもてなし課に勤める青年が
硬直化した行政組織の中で四苦八苦しながらも、と観光振興に
纏わるアイディアをすすめていく物語です。

この中での組織の硬直具合がリアルで面白いです~。
硬直的な組織に所属したことがある人は間違いなくにやっとしちゃいますよね^^

県庁おもてなし課県庁おもてなし課
(2011/03/29)
有川 浩

商品詳細を見る


とまぁ、気分転換ついでに記事を書いてみましたー。
では今日はこのへんでノシ

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

| 19:05:21 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。